南区社会福祉協議会

文字サイズ

茨曽根地区認知症徘徊模擬訓練

IMG_3024

地域の方が認知症に対する理解を深め、安心して住み慣れた地域で生活することを目的として、平成28年10月15日(土)に茨曽根地区で認知症はいかい模擬訓練を開催しました。

自治会の協力により茨曽根地域の皆様には事前にご案内を配布。

高齢者施設から利用者が行方不明になった設定で行いました。

訓練の結果、警察への通報は1件。地域の方からの声掛けは1件でした。

別会場では、はいかいシルバーSOSネットワーク(認知症を抱えるお年寄りの所在不明事案が発生した場合に、お年寄りを早期に発見し、その後のケアを図るためのシステム)の警察との連絡の仕方を関係者向けに公開しました。

認知症によるはいかいで行方不明になった高齢者では、発見までの時間がかかるほど生存率は低くなります。南区全体で認知症に対する理解を高め、皆さんが安心して住み慣れた地域で生活できるようご協力させていただきます。

Copyright© Minami Ward Council of Social Welfare,All rights reserved.